フェイシャルエステサロンで行われるイオン導入とは?

イオン導入

イオン導入は、肌への浸透性が悪い美容成分を、微弱電流により肌の奥まで浸透させる方法です。

通常、肌に塗布するだけでは浸透しづらい美容成分を、イオン導入により、塗布の数十倍もの量を肌へ浸透させることができるといわれています。

イオン導入が使用される美容成分ビタミンCについて

イオン導入が施術される美容成分としてあげられるのがビタミンCです。

ビタミンCには、以下の美容効果が期待できるといわれています。

ビタミンCの主な美容効果

ニキビの炎症を抑える

過剰な皮脂分泌を抑制させる

肌のターンオーバーを促進させ、メラニンの排出を促す→ シミ・そばかすやニキビによる色素沈着にアプローチ

コラーゲンの生成を促進する→ しわたるみやニキビ跡の凸凹を目立たなくする

イオン導入でビタミンCが肌へ浸透されるしくみ

ビタミンC自体は、肌への浸透性が低いというデメリットがあります。 そのため、化粧品に配合されている多くのビタミンCは、より浸透性が高いビタミンC誘導体という形で配合されています。

ビタミンC誘導体は、水溶性または水にも油にも溶ける両親媒性で、マイナスの電極を帯びています。

ビタミンC誘導体を塗布後に、マイナス電極を帯びたイオン導入器の先端を肌に当てます。 ビタミンC誘導体とイオン導入器が、マイナス電極同士で反発しあうことになります。

この時に発生する強い反発力により、ビタミンCが肌の奥へ浸透する仕組みとなっています。

より高くビタミンCの効果を実感したいなら、専用の機器とプロのエステティシャンの技術力を利用できるイオン導入で、肌へしっかり浸透させることがおすすめです。

家庭用イオン導入器に注意

最近では、家庭用イオン導入器を使用して、自宅でもビタミンCイオン導入も行うことが可能になっています。 しかし、家庭用イオン導入器は、エステサロンで使われる専用機器と比べて、導入効果があまり高くないものが多いです。 せっかくケアしてもビタミンCの効果が実感できないこともあるので注意が必要です。